2018年06月29日更新

髪を傷めずお風呂で簡単白髪ケア、花王から新ヘアケアブランド『Rerise(リライズ)』が登場

30代40代から気になり始める白髪ケア、皆さんはどうしていますか。白髪は染めるのが面倒でそのままにしている人も多いですが、やはり見た目で老けた印象に見えてしまうのはマイナスポイントになることも。

今回、花王から新ヘアケアブランド 『Rerise(リライズ)』 が誕生。髪を傷めることなく手軽に白髪ケアができるよう開発された新しい白髪ケアアイテムの特長を見ていきましょう。

1482view

新ブランド 『Rerise(リライズ)』

『Rerise(リライズ)』 は、白髪で悩む人たち向けに新しく発売されたブランド。

明るく力強いイメージの「昇る太陽」をシンボルに、生命力あふれる「リライズゴールド」をシンボルカラーとして、人間が本来持っている生命力を表現しています。

次世代型の白髪ケアアイテム"リライズ 白髪用髪色サーバー"

100%天然由来の着色成分で染める

"リライズ 白髪用髪色サーバー" は、100%天然由来の着色成分である「黒髪メラニンのもと」だけで髪を染める次世代型の白髪ケアアイテムです。髪に優しい成分なので、繰り返し使っても髪を傷めることがないのがポイント。

お風呂で簡単に使える

"リライズ 白髪用髪色サーバー" は、お風呂で簡単に使うことができる手軽さも魅力。シャンプーの後に髪に塗布し、5分ほど放置してすすぐだけで良いので、ついつい白髪をそのままにしがちな面倒くさがりの大人男性にも使いやすいはず。

使うたびに徐々に色付く

白髪が好みの色に染まるまでは、1日1回、1週間以内を目安に3日間程使用することで、徐々に色付いていきます。徐々に染めていくため、不自然に染まりすぎてしまったりといった失敗が少ないのも嬉しいポイント。

好みの色まで染まった後は、根元を中心に週1回程度のメンテナンスを行うことで、美しさをキープすることができます。

カラータイプは2種類

"リライズ 白髪用髪色サーバー" は2種類のカラー展開。

白髪に黒髪色を取り戻す「リ・ブラック」、白髪を自然なグレーに整える「グレーアレンジ」の2種類があるので仕上がりの好みに合わせて選ぶことができますよ。

新開発のサーバー容器

"リライズ 白髪用髪色サーバー" は、お風呂の中でも簡単・清潔に使うことができるような新界初のサーバータイプの容器に入っています。

プッシュ部分を軽く押すだけで中身のクリームを出すことができるので、手軽にササっと使うことができる構造です。濡れた手でも滑りにくい指かけフックもついているので、お風呂での使用にもってこいですね。

花王の新ヘアケアブランド 『Rerise(リライズ)』"リライズ 白髪用髪色サーバー" は、2018年5月19日から発売を開始しています。

年齢を重ねるにつれて髪のハリやコシが低下する中で髪を傷めずケアができる白髪ケアアイテム、ついつい面倒で白髪を放置してしまっている男性も、お風呂で手軽に白髪ケアができるので試してみては。

この記事に関連するキーワード