2019年04月20日更新

旦那がスキンケアを始めたきっかけは?男性の身だしなみについて夫婦にインタビューしてみた

今回は、新婚で30代の旦那さんを持つ女性にインタビュー。ついでに旦那さんにもきてもらいました。

スパで働く奥様に、現在スキンケアトレーニングをさせられているという、今まで何もしてこなかった旦那さんの話を踏まえて、スキンケアやニオイケアの話を聞きました。

付き合い始めた頃にじつは言いたかったことや気になっていたことなどに触れているので、意中の女性がいるような男性から大人の男性として身だしなみに気をつけたい人まで、このリアルな内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。

また、旦那さんに化粧水を使わせるまでの話も聞いているので、「彼氏や旦那さんにスキンケアをさせたいけれど、何から始めれば良いの?」と悩んでいる女性も必見です。

5081view

人物紹介

Nさん(奥さん)

女性。Kさんの妻。スパでセラピストとして勤務。

Kさん(旦那さん)

34歳男性。Nさんの旦那。美意識はゼロからのスタート。今日は何を言われるか心配で着いてきた。

O3COSME

O3COSME編集部インタビュアー

1. Nさんのお仕事は?

Embed from Getty Images

ホテルのスパで施術をしています。

セラピストは全員女性なんですが、フィットネスやジムも併設されているので、男性スタッフもいる環境です。

お客さんって男性も来るの?どういった施術内容?

どちらもきますね。男女比は、男性4の女性6くらいで、男性も結構いらっしゃいます。

基本的にはマッサージで、フェイシャルエステとかもあって男性も結構受けられる人は多いですよ。

意外に男性多いんですね。

2. Nさんが普段しているスキンケア・ボディケアは?

仕事柄、色々やっていそうなイメージがあるかもしれませんが、毎日やっているのは、化粧水と美容液、クリームといった基本的なスキンケア程度です。
それと、ピンポイントでの乾燥対策くらいですね。
面倒くさがりなので、特に乾燥する冬場は、お風呂からあがる直前にオイルを塗って済ませたりしています。

あとは、マッサージやアカスリに定期的にいっている感じですね。古い角質も取れて血行促進にもなるんでアカスリ好きなんですよー。

あ、一応コロコロする美顔器も使ってますね。

Kさん(旦那さん)
せっかくお風呂入ったのに油塗るの!?ベタベタしないの?
Nさん(奥さん)
「ベタベタするイメージはあるけど使ってみると意外にベタベタしないよ」
一年中、額や鼻がテカテカしているおじさん達は、こまめに油を塗っているわけじゃないんです!

肌が乾燥し過ぎているとそれを補うために皮脂が分泌されてテカテカしてしまうので、ベタベタがイヤだから使わないというのは本末転倒。

3. 男性の身だしなみでついチェックしてしまうポイントは?

んーやっぱり一番はニオイですね。街中や電車に乗ってる時でも、基本的にあまり男性をジロジロ見るようなことはないので、

「この人、クッサい!!」

って思ってつい見てしまう事のほうが多いです。すごく不快なニオイだと電車は車両を変えちゃうこともあります。

Kさん(旦那さん)
妻は、嗅覚が鋭いみたいなんですよ。犬みたいな
Nさん(奥さん)
結構、敏感らしく、ニオイに気づきやすいみたいです。

匂いをチェックしてしまうというのは、やっぱり体臭?

汗臭や口臭みたいな不快なニオイもそうですし、その人特有の体臭や、香水とかヘアワックスの匂いみたいなのもですかね。その人の特徴が、ヘアワックスのニオイみたいな印象の人とかもいますよ(笑)

ムダ毛とかは気にならないの?

職場や街中の男性の場合、体毛とかのムダ毛は見えないんで気にしたことは無いですね。でも、パッと見の印象でやっぱり鼻毛とかはチェックしちゃうかも。

男性の鼻毛や不快なニオイって、指摘できる?

んー、言えないかも。旦那さん以外では言えないですね。

鼻毛とか不快なニオイの話って、後から噂したりするの?

よっぽどのことが無い限りはないですね。

でも、昔オフィスで働いてた時とかは、いつも鼻毛が出てたり、口がクサかったりする男性って、気づいたら自然にそれがアダ名になってたりすることはありましたね(笑)

そうなってしまうと、「奥さんは言ってあげないのかな」とか、そういった話にはなっちゃいます。

鼻毛や口臭、汗臭などは、他人が指摘しづらいので、自分自身でこまめにチェックするクセをつけましょう。
ネガティブなアイデンティティーになってしまう前に、しっかりと対策するのがオススメ。

4. 男性の好感度が上がる身だしなみポイントってある?

けっこう個人的な話で、あまり賛同してくれる人もいないんですが、香水の匂いじゃなくて、その人特有の体臭からの自然な匂いですごく好みの匂いってのがありますね。

もちろん、汗臭とかそういったケアをしている前提での話ですけど。

女性の「体臭好き」を、「汗臭・タバコ臭・加齢臭が混ざりあった何もしていないクサいニオイが好きなんだ」と勘違いしている男性も多いはず。

クサいのが好きな女性はもちろんいますが、その人特有の匂いというのは上のようなニオイとは別物。ただのクサい男にならないように気をつけましょう。

それってどんな匂い?何かに例えられない?

難しいですねー。人工的なものじゃなくてその人特有のものっぽいので。でも、意外に20代30代前半くらいの若い人のほうが、「あっ」と思うことは多いですね。

そこを何とか!何とか言語化を!

んー、でも不快な匂いではないと思います。

香水の名前までは分からないですけど、たまに近いかもっていう香水もあったりして、とにかくクセになるような匂いな気がします。

Kさん(旦那さん)
甘味 塩味 酸味 苦味 旨味(5つの基本味)の中だと、どれに一番近いの?
Nさん(奥さん)
んーこの辺じゃない?
O3COSME
旨味!?(笑)
Nさん(奥さん)
旨味と甘味に、ちょっと塩味が加わった感じ?
Kさん(旦那さん)
料理の話みたいになってきたね
O3COSME
コク、「味の●」ですね
Nさん(奥さん)
出汁
O3COSME
ちなみに、旦那さんの体臭は好きな匂いなんですか?
Nさん(奥さん)
すごいピンポイントで好きな匂いではないです
O3COSME
だってさ!(笑)
Kさん(旦那さん)
ネガティブな評価ではないから!
Nさん(奥さん)
でも妻は、僕の匂いでも体調が良い時と悪い時の違いが分かるみたいなんですよ。警察犬的な。
ミドル臭や加齢臭といったニオイが好きな女性も稀にいるかもしれないですが、今回はそういった話ではないみたい。

自分特有の匂いをキープするためにも、ミドル臭や加齢臭といった一般的に不快なニオイとされるものの対策は最低限しておきましょう。

5. 旦那さんの身だしなみ、どこをチェックしちゃう?

Embed from Getty Images

まずはやっぱり鼻毛ですね。鼻毛って角度によって見える場合もあるので、色んな角度から見ちゃいます。特に入り口あたりは少し伸びてても目立っちゃうのでちゃんと手入れして欲しいなって思いますね。

あとは、眉毛やヒゲの剃り残しも気になります。

会話してる時とかに、チェックしてます。出てたらそこしか見えなくなってきちゃって。

鼻毛は付き合いはじめから指摘してた?

鼻毛は気になっちゃうので、結構早いタイミングで言えるようになりましたね。
それで、気にして鼻毛カッターを使うようになってくれました。

でもやっぱり今も出ていることがあるので、こまめにチェックしてますね(笑)

逆にずっと指摘できなかったことはある?

じつは、付き合い始めてから、言いたくても言えなかったことがあるんですよ!

それが 「歯の黄ばみ」 なんです。

付き合ってる時はずっと 「なんでこの人は歯の一部分が黒いんだろう黄色いんだろう」 って思ってたんです。でも、歯のことって結構言われるとショックなのかなーって思って言えませんでした。

鼻毛とか眉毛とかと同じで、会話してる時にも目に入ってくる場所なんで見てる女性は多いんじゃないかなって思います。

過去形なのは、結婚を期に言うことができたからで、結婚式の前に歯のホワイトニングに行ってくれました。やっぱり結婚式の写真とかって一生残るんで綺麗にしておいたほうが良いんじゃないのって話ができて良かったです。

人の歯の黄ばみって意外と気になるの!?

チェックするまではいかないですけど、目に入ってきて極端に黄色かったりすると気になっちゃいますね。自分でも気遣って歯のホワイトニングをしてる人とかからすると、余計にそこは目がいくんじゃないのかなあと。

特に日本人ってあまり歯のこと気にしてない人も多いんで、男女関係なく歯が黄色い人多いですよね。それでも、最近は歯の美容液みたいなのとかホワイトニングもできる歯ブラシみたいなのも話題になってきてるんで、気をつけてる人は増えてきたのかも。

Kさん(旦那さん)
自分が歯のホワイトニングやった後は、歯とか汚いおじさん多いなあって思うようになったからね。でも歯の黄ばみとかって、それまで人生で一度も指摘されたことなかったんだよね
O3COSME
僕も言われたことないかも。やっぱり言いづらいとこなんですかね。
「歯の黄ばみ」、気にしていない男性は多いはず。相手に悪い印象を与えないようにするためにも、コーヒーやタバコのヤニで歯が黄色くなってるかもしれないという人は気をつかっておきたいところですね。

ドラッグストアなどで簡単に買うことのできる歯のホワイトニングアイテムも最近では増えてきていますよ。

6. 男性34歳、初めてのスキンケアトレーニング

旦那さんに化粧水を使わせるようになったきっかけは?

ずっと夫の顔を見ていると、やっぱり年齢を重ねるにつれてシミがでてきたりとかしてるんですよ。

私は、過度にスキンケアする必要はないかなと思ってるんですが、夫は以前から肌のケアを全くしない人で、石鹸1つで全て洗うような感じだったんで、30歳を超えたくらいからちょっと基本的なスキンケアくらいはして欲しいなと思って。

実際、仕事柄スパで働いているとお客様の中でもスキンケアを気にしている男性ってかなり多いんです。そういった男性の意識を聞いてると、やっぱり20代中盤くらいからは最低限、化粧水と乳液くらいはしたほうが良いんじゃないかなって思いますね。
同僚にゲイの男性もいるんですが、すごく美意識が高くって「絶対しないとダメ!」って言ってたりして。やっぱり肌とか綺麗ですね。

そんな中で、冬場はやっぱり乾燥してカサカサになってる旦那さんの肌を見て、化粧水くらいは使わせようと決心しました(笑)

O3COSME
今は旦那さんはどんな化粧水使ってるんですか?
Nさん(奥さん)
私が個人的に抱えている在庫を使わせてます。今はイソフラボンがはいってるやつ(笑)
O3COSME
ちなみに自身の高い化粧水とかも旦那さんとシェアできます?
Nさん(奥さん)
今はとにかく使う習慣をつくりたいなと思ってるので、旦那さんのは何でも良いかなって思ってます(笑)
O3COSME
トイレトレーニングみたいな感じですね
Nさん(奥さん)
習慣ができて、もっと年齢を重ねてきたら、ちゃんと自分に合ったものを使って欲しいなって思ってます
Kさん(旦那さん)
でも、化粧水って使ってすぐ効果が分かるもんなんで、良いものだと思いますよ(ドヤ顔)
O3COSME
(まだトレーニング中なのに・・・)
Kさん(旦那さん)
使った瞬間はそこまで分からないけれど、数時間後の化粧水の力は本当にわかるね

化粧水の使い方っておしえたの?

最初は、お風呂上がりに、顔にシュッシュッって5回くらいスプレータイプの化粧水をかけてあげて、その後、手で馴染ませるように教えました。

で、毎日やってるかどうかチェックをしっかりしてます。
「シュッシュッシュ、ペチペチペチ」って音が聞こえないと、「はい、今日化粧水使ってないよね。やってくださーい」って言ってます(笑)。

サボるとか面倒くさがるってわけではないんですけど、やっぱり今まで何もしてこなかった男性は習慣がないみたいで、忘れちゃうことが多いみたいですね。

そんなこんなで、今はトレーニング3ヶ月目くらいです。使い忘れることは少なくなったかなって気がします。

Kさん(旦那さん)
銭湯とか行くと、化粧水とか持って行かないから気になっちゃって。洗顔は帰ってきてから家で改めてして化粧水使うようにしてます。
O3COSME
なんか変なこだわりできちゃってますね
Kさん(旦那さん)
そのルールで覚えちゃったし。数時間後に化粧水で保湿して間に合いますか?って話ですよ
O3COSME
たしかにその通りだけど、今まで一日たりともやってなかった人の発言とは思えない、美容家!?(笑)
Kさん(旦那さん)
でもやっぱり、洗顔の後は化粧水使いたいって感覚になってきましたね
洗顔や入浴直後の何もしないサラサラ感が気持ち良いと思っている男性は多いはず。

でも、じつはそのサラサラ感はただの乾燥だったりします。数時間後のベタベタ感やテカりの原因なので、触っても気持ちの良い肌をキープするには、洗顔や入浴したらすぐに保湿をしっかりする必要があるんです。

旦那さんのスキンケア、今後のロードマップは?

私的には、化粧水の後には乳液・クリームとかまでは使って欲しいなって思ってます。それと目元のシワの話とかをちょうど昨日してて、アイケアもできればしていって欲しいかなと。

仕事で男性のお客様の話も聞くんですが、やっぱり目の疲れが悩みって人がすごく多いんです。
目元のシワ対策ってなるとなかなか意識が高くないとできないと思うんですが、仕事でPCに長時間向かったりしてて夫も目の疲れはあるみたいなので、目を労わってアイケアはして欲しいって思います。そういったアイケアって結果的に目元のシワとかにも通じることですし。

Kさん(旦那さん)
も、男の渋さってシワとかにあるなって思ったりしません?
O3COSME
それ、じつは僕らの世代の悩みなんですよね、30代ってまだシワで渋さは出せないと思ってて。シワが語る渋さってもっと上の世代じゃないですか。

清潔感や身につけるもので大人のデキる男の貫禄は多少出せるけれど、20代のような見た目の若さはないんで、30代のシワってただ老けてきたって印象にしかならないと思ってます。なので今のうちに手を打っておいて歳を重ねたら渋さが出るようになりたいなと。
Kさん(旦那さん)
ちょっと画像検索とかして見たんだけど、たしかに、渋いイメージの俳優さんとかって、シワが渋さになってるかと思いきや、意外に年齢重ねててもシワってないんですね。
女性から見た場合、男性の目のクマなどは気になる人も多いようです。見た目的な部分以上に、健康状態などが心配になってしまったりするようなので、疲れ目に悩んだりしている男性は、若々しく好印象な見た目のためにもアイケアはしておきましょう。

今はメンズ用のアイケアアイテムも多く売られています。目のたるみやシワが気になる人は目元美容液を、目の疲れを感じるような人は携帯できるスティックタイプでリフレッシュしたい時に使えるアイテムもオススメです。

旦那さんの美意識、どこまでエスカレートしても大丈夫?

自分以上に気を遣うようになるとイヤですね。

基本的なことくらいなら全然良いんですが、ある日突然エステに通いだしたり、ボトックスやり始めたり、まつ毛エクステやり始めたり、アートメイクしだしたりとかしたらイヤですね。そうなったら、一度、話し合うと思います(笑)。

コロコロする美顔器くらいなら大丈夫ですけど、すごく高いやつとかを買ってきたら家族会議ですね。

なんで自分以上の美意識になると抵抗が?

私のほうにその美意識が返ってきそうです。きっとすごく気にしだしたってことは、私のことも見られると思うんです。美容に対する要求が激しくなりそうなんで怖いですね。

出会った時から美意識が高かったのであれば、エステ行ってたりとかしてても全然良いんですけど、夫の場合はマイナスからのスタートなので余計に怖い・・・(笑)

7. 最後に、男性の美意識に関して思うことってありますか。

仕事でも男性に保湿対策とかでコスメを勧めるようなことがあるんですが、いくら肌がカサカサだったりテカテカだったりしても、そもそも興味を示してくれない男性も多くて、何か使って欲しいと思っても最初の第一歩にすごく苦労するんです。

男性スタッフでさえ、商品を実際に使ってもらってフィードバックをもらおうと思っても、全く使ってくれない人が多くて。

男性って具体的な効果や証拠になることが無いと買ってくれたり使ってくれないとは思うんですけど、気にしている人と何もしていない人の意識の差ってすごく大きいんだなって思います。

そういう意味では、何もしてこなかった夫が化粧水を使い始めて効果を実感してくれてるのはちょっと嬉しいですね。

8. まとめ

たしかに男性のスキンケアの最初の一歩は重い。
「最低限のケアくらいはしたいけれど…」という男性は、実際に効果や違いを体験してみるのが一番自分の意識が変わるタイミング。

どうしても毎日ケアする習慣ができない人は、まずはいつも使っている洗顔料などをこだわって高いものなどに変えてみましょう。何を使っても同じだと思っている男性は、明確に成分などが違うものを使い比べてみることもオススメ。

違いが実感できると、少し楽しくなって、気づいたら習慣ができています。そして将来の肌のハリや清潔感として成果がでてくるに違いありません。

この記事に関連するキーワード

「スキンケア」に関する記事

「スキンケア」に関する記事をもっと見る

「化粧水」に関する記事

「化粧水」に関する記事をもっと見る