2019年03月04日更新

CODAGE(コダージュ)が男性にオススメな理由、コードを読んでエイジングスキンケア

今回は、4月に日本初上陸のフランス発カスタムメイドスキンケアブランド 『CODAGE(コダージュ)』 を紹介。

シンプルな機能性と最高品質を追求し続ける姿勢から、ヨーロッパを中心に女性だけでなく多くの男性からも支持されており、30代40代の男性の肌の悩みやライフスタイルにもぴったりのアイテムも展開しています。ラグジュアリーな使い心地はハイクラスな大人のシェアドコスメとしてもおすすめなので、自分使いにもプレゼントにも、男女ともにチェックしておきたいブランドです。

Hatenabookmark logomark

3137view

1. CODAGE(コダージュ)とは

『CODAGE(コダージュ)』 は、フレンチ・ファーマシー(調剤薬局)の伝統と先進テクノロジーを融合させて生み出された、シンプルかつ上質なフランス発のスキンケアブランド。

医薬品業界に従事する家系で育ったアゼンコット兄妹の、スキンケアのスペシャリストとしての技術と、人それぞれの肌の悩みに丁寧に向き合う真摯さが形になり、ヨーロッパを中心に多くの人から支持されています。

25歳以上の初期のエイジングケアから、30代から60代以上のエクストラエイジングケアに至るまで、幅広いエイジングサインに応えるラグジュアリーなスキンケアを提案するブランドです。

オンリーワンスキンケアを提案するカスタムメイド処方

『CODAGE(コダージュ)』 は、肌が本来持つ機能を正常化するため、一人一人の肌の状態に合わせたオンリーワンスキンケアを提案するカスタムメイド処方を採用しています。

乾燥・くすみ・赤みケアといったそれぞれの肌の悩みや、シワ・たるみ・エイジングケア・目元用ケアといったエイジングサインにアプローチする9種類のセルフカスタマイズが可能なセラムを提案しており、それをベースに肌の状態に合わせて コード(美容成分) からセラムの使い分けやミックスをすることで自分だけのスキンケアをすることができるようになっています。

Message character
化学式から着想を得てつくられた、CODAGEのコード(美容成分) 。フランス語の頭文字で、Hy=hydration(保湿)、Ma=matt(テカり防止)といったように悩みごとのコードが用意されています。

たくさんの成分が並ぶ成分表示を見るよりも、シンプルに分かりやすくそれぞれの悩みに合わせたものを選んで使えるようになっています。

シンプルなケア方法

『CODAGE(コダージュ)』 のスキンケアは、そのシンプルさも特長。

セラム(美容液)で必要な栄養だけを与えるシンプルなスキンケアで、成分の持つ力を一人一人の肌の状態に合わせて効率的に発揮させることを大切にしているため、「洗顔」→「美容液」 という化粧水を使わないケアをオススメしています。

Message character
忙しく面倒くさがりな大人男性にとっても、無駄を省けるスキンケアというのは大きなメリットではないでしょうか。もちろん、好みでセラムの前に手持ちの化粧水を組み合わせてもOKとのことです。

世界の5つ星サロン・スパで選ばれている品質の高さ

『CODAGE(コダージュ)』 は、フランスをはじめ世界の5つ星サロン・スパで選ばれているほどのハイクラスのシェアドコスメです。

コダージュのコスメは、85%がナチュラル成分。そのうちの35%はエコサート認証を受けたオーガニック認定成分で構成されており、ラボでは常に最先端・最高品質の成分を探求し続けています。

ブランドの世界観やプロダクトデザイン・機能性から、女性だけでなく男性からも多くの支持され、現在世界23カ国、500店舗以上で展開しています。

シェアドコスメとは

最近耳にする シェアドコスメ とは、男女兼用で使えるコスメのこと。彼氏や旦那さんと一緒に使えるコスメなので、男性にも基本的なスキンケアをして欲しいと思っている女性からのプレゼントとしてもシェアドコスメは人気です。

エコサート(ECOCERT)とは

エコサート(ECOCERT)とは、フランスに本部を置く世界最大規模のオーガニック(有機)認証機関です。エコサート認証は世界でも厳しい審査水準を持っており、原料のための土づくりから製造・容器に至るまでチェックされ、認定後も年次検査が行なわれています。

2. CODAGEが男性にもおすすめな理由

コダージュでは 安全性・効率と効果・透明性 を大事にしており、女性だけでなく男性にも刺さるようなポイントがいくつかあります。

無駄のないシンプルなケアが男性向き

上でも触れましたが、コダージュのスキンケアは、基本的には洗顔後に自分に合ったセラム(美容液)を使うだけでOK。無駄を省いてスキンケアも効率化するというスタンスは、日々仕事でも効率化を意識しているような男性も共感しやすいはず。

最短で肌の悩みにアプローチできるのは、時間も手間もかけたくないけれどしっかり効果は欲しいといった向きでもあります。

曖昧さの無いスキンケアを選べるのが男性向き

コダージュのセラム(美容液)は、どんな悩みでもその1本を使えば全部解決するというような形をとっていないのも魅力。

悩みごとのセラムが用意されているため、保湿が入っていないものは入っていないとコードで明確に表示されているので、日々変化する自分の肌の悩みに合わせてセルフカスタマイズしながら適切にスキンケアを行うことができます。

何を使っても同じだと感じてしまっているような男性は、ピンポイントに悩みを解消してくれるようなものを選択することができます。

安全性の高さのロジックが男性向き

普段あまり何かつけたりしない男性は、肌の悩みが出た時に使うものこそできるだけ安全性の高いコスメを選びたいといったニーズも多くあります。

コダージュのコスメは、上でも触れたように、85%がナチュラル成分(うちの35%はエコサート認証を受けたオーガニック認定成分)ですが、85%にとどめてあるのは安全性と使いやすさをより上げるため。

ブランドにとってオーガニック認定成分や天然成分をベースにするのはごく当たり前なことで、そこからさらに安全性や使いやすさを追求した結果の配合比率だそう。最先端・最高品質の成分研究に裏付けられた安全性が伺えます。

3. 男性に特におすすめのCODAGEの美容液をピックアップ

日本初上陸の 『CODAGE(コダージュ)』 商品ラインナップは、セラム(美容液)全9種類、ミセラーウォーター(クレンジング)1種類、マスク4種類、クリーム3種類。

今回は、その中の9種類のカスタマイズセラムの中で、大人男性の肌の悩みに多いものにアプローチできる特におすすめの美容液を3つ紹介します。

コダージュ セラム N°1 IM(アフターシェーブケアにも使える美容液)

毎日のシェービングで男性の肌はダメージを受けていることも。"コダージュ セラム N°1 IM" は、ヒゲ剃り後のアフターシェーブローションとしても使える美容液です。

十分な保湿成分と併せて抗炎症作用のある成分を配合しているので、カミソリ負けやシェービングで荒れた肌にも効果的。特に乾燥する季節に肌がヒリヒリするといった時に取り入れるのがおすすめです。

商品情報
コダージュ セラム N°1 IM 深層保湿(美容液)
コダージュ セラム N°1 IM 深層保湿(美容液)

11,880円

税込

公式サイト
特徴的な成分
植物性保湿成分(特許)(エコサート認定)
・・・抗炎症作用

HMWヒアルロン酸(特許)、LMWヒアルロン酸(特許)(エコサート認定)
・・・保湿

■CODE情報

「Hy3」「Hy+」・・・保湿

「Ap2」・・・抗炎症作用(Apはフランス語のApaisant(鎮静)の略)

「Ao3」・・・抗酸化作用(アンチオキシダント)

Message character
保湿と炎症を抑える効果のある美容液なので、シェービングでダメージを受けている肌が保湿だけではどうにも足りていないと感じた時に使える美容液。

特に冬場の乾燥する季節には肌がヒリヒリするといった悩みを持っている男性は多いので、そんな季節だけ取り入れるのもおすすめ。

こちらは成分の香りだけの無香料。

コダージュ セラム N°2 AI(皮脂対策・アクネケアのための美容液)

ビジネスシーンで大人の男性が気にする肌の悩みの1つといえば 「顔のテカり」

"コダージュ セラム N°2 AI" は、オイリー肌に悩む人向けの美容液です。肌のテカリや吹き出物などをケアし、マットでなめらかな質感の肌を持続させてくれる効果が期待できます。

数滴を手に取り、洗顔後の肌の特に気になる部分を中心に下から上に向かうように伸ばして使います。

Message character
◆O3COSMEレポート◆

少し黄色がかったジェルに近い濃厚なテクスチャの美容液。濃厚ながらも肌なじみは良く、使った後には潤いつつも肌の表面はサラッとする感じでベタつきも特に気になりませんでした。

テカりを抑える効果があるので真夏の皮脂ケアアイテムとしても使える美容液です。

O3COSMEで敢えて補足しておきたいのが使った時の香りの良さ。インターネット上で香りが伝えづらいのが悔しいところですが、ほのかな甘さのある控えめなフローラルの香りは今まで色々使ってきた中でもトップクラスの心地良さ!使った後もふとした時にわずかに上品な香りするので女性ウケも良いはず。毎日楽しく続けられそう。
商品情報
コダージュ セラム N°2 AI(美容液)
コダージュ セラム N°2 AI(美容液)

11,880円

公式サイト
ブランド
CODAGE(コダージュ)
特徴的な成分
バンブサアルンジナセア茎パウダー(エコサート認証)
・・・余分な皮脂を吸収

エナンチアクロランタ樹皮エキス(エコサート認証)
・・・テカリやベタつき抑制

■CODE情報

「Ma3」・・・テカり抑制

「Ac3」・・・アクネケア

「Re3」・・・スキンリペア

「Dx3」・・・デトックス

コダージュ セラム N°4 AL(紫外線対策やシミをケアする美容液 )

年齢を重ねるにつれて男性も悩みの種になりがちな 「シミ」「肌の色素沈着」 。働き盛りなのに老けて元気の無い印象になるのはどうにかしたいもの。

"コダージュ セラム N°4 AL" は、紫外線によるダメージとシミや色素沈着をケアする美容液です。年齢とともに暗くなってしまう肌を明るくクリアな肌へと導いてくれます。


Message character
◆O3COSMEレポート◆

"コダージュ セラム N°2 AI" に比べると白っぽいサラッとしたテクスチャ。「エイジングケアとか始めたいけれど美容液はあまり使ったことがない」といった男性にはこちらの "コダージュ セラム N°4 AL" がおすすめ。

紫外線の強い季節のデイリーケアやレジャーのアフターケアに使える美容液です。

ちなみに香りは、"コダージュ セラム N°2 AI" と似たような香りです(似たような香りという表現をした理由はコダージュは天然成分の香りをベースにしているため。香りについては下部で詳しく触れています)。

ついシェアしたくなる香りと使い心地は、さすが5つ星サロン・スパで選ばれているだけあるといった感じ。
商品情報
コダージュ セラム N°4 AL ブライトニング(美容液)
コダージュ セラム N°4 AL ブライトニング(美容液)

13,500円

公式サイト
ブランド
CODAGE(コダージュ)
特徴的な成分
パンクラチウムマリチムムエキス、ホルミジウムペルシシヌムエキス(特許)​
・・・シミの元になるメラニン生成抑制

エンドウマメエキスコンプレックス(特許)、茶藻エキス(エコサート認証)
・・・色素沈着をケア

アンチオキシダントペプチド(特許)
・・・紫外線ダメージ抑制

■CODE情報

「Ao3」・・・抗酸化作用(アンチオキシダント)

「Tc3」・・・シミ対策

「Bl3」・・・色素沈着ケア(ブライトニング)

「Dx3」・・・デトックス

コダージュ セラム N°10 AE(エイジングケアのための目元用美容液)

毎日忙しい大人男性におすすめしたいのが、目元のケアアイテム。目は皮膚が薄いところなので負担もかかり見た目の老いが出やすい場所。

"コダージュ セラム N°10 AE"は、クマやむくみを素早く整え、30代40代の目元に出始めるエイジングサインをケアしてくれる美容液です。

Message character
◆O3COSMEレポート◆

伸びが良いテクスチャの目元用美容液。洗顔後に少量(1~2滴)を目の周辺に馴染ませて使うだけの簡単さで不快感もないので、目元の衰えを感じているけれどなかなかケアが続かない男性にも使いやすいはず。

こちらは、上の2種類の美容液と違い配合成分の匂い。目元用なので気になることはないものの、つけた後に少し匂いが気になるかも。
商品情報
コダージュ セラム N°10 AE エイジングケア(目元用美容液)
コダージュ セラム N°10 AE エイジングケア(目元用美容液)

15,120円

公式サイト
ブランド
CODAGE(コダージュ)
特徴的な成分
緑藻クロレラブルガリスエキス(特許)(エコサート認証)
・・・目の下のクマのケア

マイクロコンストラクション抑制ペプチド(特許)、アンチオキシダントペプチド(特許)
・・・独自のエイジングケア成分で目元ひきしめ

■CODE情報

「Hy3」・・・保湿

「Ao3」・・・抗酸化作用(アンチオキシダント)

「Ru3」・・・小じわケア

「Ri3」・・・しわケア

「Dx3」「Cn3」・・・デトックス

「Ec3」・・・ツヤ感アップ

「Pc3」・・・むくみケア

4. セラム(美容液)の香りや使用期間、コードの疑問を聞いてみた

コードの後ろの数字は何を意味しているの?

CODAGE(コダージュ)は美容成分・働きを独自にコード化しているのが大きな特徴で、全てのコードは公式サイトで紹介されています。しかし商品を見てみると「Ao3」といった形でコードの右上に何やら数字が記載されています。

この数字はじつは配合濃度を示したもの。3段階あり数字が大きくなるほど高濃度を意味しています。

「1」= 低濃度:予防
「2」= 中濃度:維持
「3」= 高濃度:改善

といった目安になります。

香りがあるセラムとないセラムがあるのはなぜ?

CODAGE(コダージュ)では全てブランドの特徴となる香りがつけられているわけではなく、香りはアイテムによってまちまち。セラム(美容液)にも香りがあるものと成分のわずかな香りしかしないものがあります。

この差はどういったところにあるかというと、使用している成分の香り自体が良いものと、使い心地の良さをあげるために香りをつけてあるものがあるそう。やはり顔に使うものなので天然成分だけでは少し香りのクセが強くなってしまうような場合は細かい配慮がされているようです。

例えば、"マイクロピーリングマスク" は、ブルーベリーやレモンのフルーティーな香りがありますが、香りをつけているわけでなく植物由来のピーリング成分としてそれらを使っている結果の香りのようです。

セラムは大体何回くらい使える?

コダージュのセラム(美容液)30mlのものは、1回で1〜3滴を手に落とし伸ばして使います。コダージュの公式サイトにも目安となる使用期間が明記してありますが、使用方法にそった使いかたで大体 約2ヶ月半程度

アイテムによっても若干のバラつきが出るとのことですが、その理由は美容液によって伸びの良さが変わるから。肌の悩みごとにつくられた美容液なのですぐに浸透するものから、満遍なく成分を行き渡らせてくれるようなものまであります。

また、毎日同じものを使うというよりは、その時の肌に合わせて使い合わせたり組み合わせたりを推奨しているので、人によってばらつきはあるかと思います。

日本初上陸のハイクラスなカスタムメイドスキンケアブランド 『CODAGE(コダージュ)』

男性にも女性にもそれぞれの悩みに合わせてアプローチできるアイテムを展開しており、ラグジュアリーな使い心地は大切な人と一緒に使えるシェアドコスメとしてもおすすめです。セラム(美容液)をはじめとした高品質なスキンケアアイテムを、チェックしてみてはいかがでしょうか。

Hatenabookmark logomark

この記事に関連するキーワード

「美容液」に関する記事

「美容液」に関する記事をもっと見る

「スキンケア」に関する記事

「スキンケア」に関する記事をもっと見る