2019年02月24日更新

京都生まれのメンズコスメ、クイックオルガナイザーの魅力と全商品レビュー

洗練されたデザインと Made in Japan / Made in Kyoto にこだわったスキンケアアイテムが話題のメンズコスメブランド 『QuickOrganizer(クイックオルガナイザー)』。2017年に誕生したばかりですが、身だしなみや流行に敏感な大人男性を中心に注目が集まっているコスメブランドです。

今回はQuickOrganizer(クイックオルガナイザー)のブランドコンセプトから全商品の特長やレビューまで紹介していきます。男性へのプレゼントとしてもおすすめのお洒落な和テイストのスキンケアセットもあるので女性も要チェックです。

2983view

Message character
QuickOrganizer(クイックオルガナイザー)は、2019年1月、『SHUN(シュン)』へとリブランドしました。新商品の特徴は以下の記事で紹介しています。

京都発スキンケアブランドQuickOrganizer(クイックオルガナイザー)

現在では男性も身だしなみを整えるのは一般的になりつつありますが、男性が化粧をしたり身だしなみを整えたりする行為は平安時代に京都で誕生したと言われています。QuickOrganizer(クイックオルガナイザー)
は、古くからある男性の身だしなみの文化と現代の男性の美意識を融合させ新たな価値を生み出すブランド。忙しい男性でも効率よくスキンケアができるような商品開発がされています。

また、桐炭や賀茂なす・賀茂トマトといった京野菜由来のオーガニック成分が多く配合されているのも魅力です。

最高級白桐の炭の魅力

QuickOrganizer(クイックオルガナイザー)のコスメには桐炭のパウダーが配合されています。この桐炭は最高級桐箪笥を作る際に発生する白桐の端材を集め丁寧に焼いて炭化させたもので、活性炭やカリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄などのミネラル分が多く、皮脂や汚れなどを吸着する効果 を持っています。さらに桐炭にはエモリエント効果が期待できるオレイン酸やスクワランも一般的な備長炭の2倍以上含まれているのも特長。

今まで捨てられていた端材を使うことで環境へ配慮しながら、希少な白桐という高品質な原材料をコスメの効果的な成分として利用しているクイックオルガナイザー。「必要な時に、必要な分量を最後まで有効に利用してきた京都の文化的価値観」がブランドに息づいています。

エモリエント効果とは

エモリエント効果とは、肌を柔らかく整えて水分の蒸発を防いでくれる効果のこと。代表的なエモリエント成分としては、スクワラン、アーモンド油、ホホバ油、オリーブ果実油、ピーナッツ油、ワセリン、セラミドなどがあげられます。

ギフトラッピングも魅力

桐炭や京野菜など原材料にも京都・日本らしさが詰まった QuickOrganizer(クイックオルガナイザー) は、デザインにもこだわりが見てとれます。商品は男性らしい洗練された黒で統一されており、プレゼントとしてもおすすめのスキンケアキットには和を感じられる日本製の風呂敷包装が使われています。

Message character
上の画像にあるモノトーンの風呂敷はポップアップショップ限定のデザインです。中央からちょうど覗くように「京」の文字を配置した包装の仕方にも細かなこだわりを感じます。
商品情報
Complete Skin-care Kit with HUROSHIKI(ギフトセット)
Complete Skin-care Kit with HUROSHIKI(ギフトセット)

9,720円

税込

公式サイト

【セット内容】
●Oil Balance Control Gel(オールインワンジェル)
●Pure Natural Soap(洗顔石けん)
●ABURATORIGAMI(あぶらとり紙)

※日本製風呂敷で包装してもらえます

QuickOrganizer(クイックオルガナイザー)の全商品をチェック

Pure Natural Soap(洗顔石けん)【編集部おすすめ】

細かく砕かれた桐炭が 汚れやニオイ、皮脂をしっかり吸着してくれる "Pure Natural Soap" は、「洗うこと」と「保湿すること」だけを考えて作られた洗顔石けん。

"Pure Natural Soap" は、エチルアルコールや香料・石油系界面活性剤・鉱物油・合成着色料が無添加の オーガニック石けん なので敏感肌の男性でも安心。保湿成分として栄養たっぷりのハチミツやオリーブオイル、ビタミンA・Cやカリウムが豊富な京野菜の賀茂トマトなど 効果的なオーガニック成分が配合されています。潤いを残しながらすっきり洗える商品です。

Message character
■O3COSME編集部レビュー

夏のベタつきと汚れもしっかり落とすことができ男性好みの洗い心地が味わえる洗顔石けん。一般的な洗顔石けんと比べてかなり弾力のある泡が作れるのも特長で桐炭の皮脂吸着効果も納得ができる感じ。石けん自体の香りはほのかに炭の香りがするものの、洗っている時の香りはシンプルな石けんの匂いです。

洗顔でしっかり皮脂や汚れを落としてからスキンケアを行ないたい男性におすすめ。洗顔後に同ブランドのジェルと合わせるとちょうど良い保湿ができます。

Oil Balance Control Gel(高機能保湿ジェル)

"Oil Balance Control Gel" は、これだけで皮脂のコントロールや保湿など肌に必要なケアができてしまう嬉しいオールインワンコスメ。シンプルケアで化粧水や乳液・美容クリームなど沢山の化粧品を揃える必要も毎日時間をかけて使い分ける必要もないのでスキンケア初心者や忙しい男性にもおすすめ。

アルコール・香料・石油系界面活性剤・鉱物油・合成着色料が無添加で肌に安心なのも特長。皮脂を吸着してくれる桐炭パウダーでテカリ予防、早摘み伊予レモンが肌や毛穴をひきしめてくれます。

ジェル状にすることで扱いやすく伸びも良いので1本で2ヶ月使えてコストパフォーマンスも良い、首や耳の後ろにも塗ると桐炭効果で気になるニオイの予防もできるなど総合的にも優秀なコスメです。

Message character
■O3COSME編集部レビュー

デイリーケアが楽にできるオールインワンコスメということで、スキンケア習慣のない男性にもおすすめですが、このジェルはそれ以上にスキンケアにこだわり始めた男性にも試して欲しいアイテム。テクスチャは粘度が高めのジェルで乾燥する時期の保湿をしっかりできるので、肌の乾燥と乾燥による肌のテカリ対策に効果を発揮してくれます。香りは、成分の匂いだけで無香料です。

乾燥対策にクリームや乳液を使っている男性にとっては気にならない使い心地ではありますが、伸びの良いジェルなので化粧水やローションだけしか使わないような男性には少しベタつきが気になるかも。テクスチャが気になる人はポップアップストアなどの情報をチェックして足を運んで試してみるのがおすすめです。

ABURATORIGAMI(あぶらとり紙)

京都のお土産としても定番なあぶらとり紙ですが、QuickOrganizer(クイックオルガナイザー)の "ABURATORIGAMI(あぶらとり紙)" は吸脂力が抜群。その秘密は炭で作られた黒練粉が塗られていること。炭の吸着力とあぶらとり紙の繊維をつぶすことで吸脂力をアップしています。

また、裏面の特殊加工により吸着した脂が裏面へ透けないという心遣いも大人男性のエチケットアイテムとして一工夫されています。

皮脂は肌の潤いやバリア機能に大切なものですが、多すぎてもテカリや毛穴の開きに繋がります。しかし、洗顔のしすぎや制汗シートなどで顔を拭くと必要な皮脂も取ってしまうことになるので、あぶらとり紙を使って適度に皮脂量をコントロールすることがおすすめです。

商品情報
ABURATORIGAMI(あぶらとり紙)
ABURATORIGAMI(あぶらとり紙)

540円

税込

公式サイト

● 1冊40枚入
● SIZE:9cm×9cm

Message character
あぶらとり紙を使うときは、こすらずに肌に押し当てるようにするのがポイント。あぶらとり紙の使いすぎはかえってテカる原因になるので注意しましょう。
Message character
■O3COSME編集部レビュー

しっかり余分な皮脂が取れるあぶらとり紙で、使っている時の見えかたも黒い紙なので多少の人目があっても使いやすい。裏面のコーティングのせいか通常のあぶらとり紙よりしっかりしています。
「吸着した皮脂が裏面へ透けない」 という配慮から、メンズコスメながら日頃から身だしなみに気を配っている女性からの支持も高いアイテムだそう。デザインもシンプルでカッコイイので、ちょっとした男性へのコスメプレゼントとしてもおすすめです。

おわりに

Embed from Getty Images

京都の文化や日本の心遣いが感じられる QuickOrganizer(クイックオルガナイザー) は、ブランド名 Quick=無駄なく・Organize=体系化する の通りに高機能で無駄のない商品が魅力。今後も日々忙しく働く男性のための商品を発売予定ということなので、新商品も楽しみですね。

販売は公式オンラインショップもしくは強羅温泉にある高級旅館「天翠茶寮」で購入することができます。ポップアップストアも精力的に行なっているようなので、実際に試してみたいという男性やメンズコスメのプレゼントを探しているような女性はこまめに情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するキーワード

「美容液」に関する記事

「美容液」に関する記事をもっと見る

「スキンケア」に関する記事

「スキンケア」に関する記事をもっと見る