2019年04月06日更新

大人男性のための化粧水の効果的な使いかたと気を付けるべきポイント

せっかく自分に合った成分や使い心地のメンズ化粧水を選べていても、使いかたを間違っているとあまり効果が実感できないことも。効果が実感できないとスキンケアの習慣もなかなかできないはず。

今回は、男性におすすめする化粧水の効果的な使いかたと、化粧水を使う際に気を付けるべきポイントを紹介します。

特に面倒くさいことや難しいことはおすすめしていないので是非参考にしてみてください。

Hatenabookmark logomark

88303view

1. メンズ化粧水を使うメリット

化粧水の主な役割は 「水分補給」。様々な肌トラブルは乾燥が原因で引き起こされるため、肌の悩みを改善するためには不足している水分を補給し潤いを閉じ込めることが大切になってきます。

もちろん、ただ水分を肌に与えるだけでは蒸発してしまうので、水分を抱え込む保湿成分配合の化粧水を使用したり、化粧水後に美容液や乳液・クリームを使うことも重要。肌が潤うと肌のバリア機能も高まるため、肌トラブルが改善したりキメの細かい健康的な肌をつくることができます。

Message character
化粧水の中には、水分補給の他、汚れ落としを担うものも。そういった化粧水は「拭き取り化粧水」という名前で呼ばれていますが、メンズ化粧水の場合には拭き取り化粧水というジャンルは知る限り今のところありません。

ただし、成分が温泉水だけの化粧水などは、汚れ落としにも使われています。

スキンケアの流れと役割

STEP1. 洗顔
・・・汚れや角質を落とす

STEP2. 化粧水
・・・水分補給し栄養を取り入れやすい状態にする

STEP3. 美容液
・・・栄養補給をする

STEP4. 乳液(クリーム)
・・・水分の蒸発と肌の乾燥を防ぐ

Message character
女性に比べて油分の多い男性肌の基本的なスキンケアは、【洗顔→化粧水→美容液】 もしくは【洗顔→化粧水→乳液・クリーム】といった3ステップがおすすめ。美容液と乳液・クリームを併せて使うのは特に乾燥がひどい時だけで十分です。

また、スキンケアの習慣が無かったり面倒くさがったりする男性のため、メンズコスメブランドからは、洗顔後1ステップでOKのオールインワンコスメ等も多く展開されています。

男性向けの化粧水の選びかたを知りたい人はこちらの記事を参考にしてみてください。

2. 初めてでも簡単にできるメンズ化粧水の使い方

「化粧水を購入したけれど、どう使えば良いの?」「せっかく高いメンズコスメを買ったんだから効果的な使いかたをしたい」という男性のため、今回は簡単に実践できる化粧水の使いかたを紹介。

まず、一般的に化粧水のつけかたには、手でつける方法と化粧用コットンでつける方法があります。それぞれメリットとデメリットがあるため、それを知った上で自分に合ったほうを選べばOKですが、O3COSME編集部としておすすめするのは、手で

男性にとっては、化粧用コットンは馴染みがないですし、髭にコットンの繊維がひっかかり、毛羽立ったコットンが肌を傷つけてしまう可能性もあるので、肌を傷つけずにつけられるという点では、手でつける方法をオススメします。

もちろん「化粧用コットン」も正しく使えば良い効果を発揮しますので、肌の状態や使用する状況で選んでみても良いでしょう。

Message character
O3COSME編集部からおすすめする化粧水の使いかたは、「手でつける方法」

「男性にとって化粧用コットンは馴染みがない」「コットンの繊維がヒゲにひっかかり、毛羽立ったコットンが肌を傷つけてしまう可能性がある」

以上の理由から手でつける方法をおすすめしておきます。

手で化粧水をつける方法

【メリット】
・刺激が少ない
・自分の肌を確認しながらつけられる
・コットンのように何か用意する必要はなし
・体温で浸透しやすい


【デメリット】
・手のひらに出すとこぼれるときがある
・手を洗わない状態では雑菌がつきやすい
・均一につけづらい

手で化粧水をつける時の手順

STEP1.
清潔な手の平に一回分の半分程度の化粧水をとります。各化粧水によって使用量が異なりますので確認をしてください。

STEP2.
両手で広げて手の平に軽くなじませます。(化粧水を体温で温めるイメージです)

STEP3.
手の平で顔を覆うようにして頬、あご、額など全体へなじませます。

STEP4.
残りの両の化粧水を手の平にとり、塗り残しのないように気になる部分へつけていきます。
※特に乾きやすくシワができやすい目元や口元、眉間、塗り残しのできやすい鼻の下、小鼻周辺は注意しましょう。
この時は力の弱い薬指と中指を使って置くようにつけると良いです。

STEP5.
残りの化粧水を手順2~3の流れでつける。

STEP6.
顔全体につけ終えて、最後に手の平で頬などに触れてぴたっと吸い付くような感触があればOK。

コットンを使って化粧水をつける方法

メリット
・肌に均一につけることができる
・雑菌がいるかもしれない手よりは衛生的
・化粧水をこぼさず使える


デメリット
・毛羽立っていたりゴワゴワした品質の悪いコットンで肌を痛める可能性がある
・コットンに残った化粧水がもったいない

コットンを使って化粧水をつける時の手順

STEP1.
コットンの全体が化粧水で濡れる程度まで十分につける。利き手の中指と薬指にコットンを乗せて人差し指と小指ではさむようにすると扱いやすいです。

STEP2.
面積の広い頬や額からスタートし、顔の内側から外側に向けて乗せるようにしてつけていきます。

STEP3.
鼻やあご、目の周り、髪の生え際など細かな部分にも乗せるようにしてつけていきます。シェービング跡の残るUゾーン(あごや口周り)は、肌を傷つけないように注意してつけましょう。

STEP4.
足りなくなったら同じコットンへ補充します。

STEP5.
全体につけたら完了。

3. 男性が化粧水を使う時に気をつけてほしいポイント5つ+α

POINT1. 化粧水は、洗顔後・お風呂上がり5分以内

5分というのはあくまで目安ですが、乾燥すると肌が硬くなり化粧水の馴染みも悪くなってしまいます。

化粧水での水分補給は肌が乾ききってしまう前、毛穴が開いている状態で行ったほうがより効果的。特に洗顔後は油分もしっかり落としてしまっている状態で乾燥しやすいので化粧水はすぐに使うようにしましょう。

Message character
ただし、お風呂上がりに汗をかいている場合には、汗が引いてから化粧水を使うのがおすすめです。汗をかいている状態だと化粧水の浸透が悪くなってしまうことがあります。

POINT2. 化粧水をつける時は、「叩く」「押し付ける」はNG

洗顔と同様、男性も化粧水を使う際には肌への刺激をなるべくおさえるようにしましょう。

せっかく化粧水をつけても、パタパタと肌を叩いたり力任せに押しつけたり擦ったりといった刺激によって肌を痛めてしまうことがあります。特にコットンを使用する場合は繊維で肌を傷つけないよう注意しましょう。また、大人ニキビができている部分へもコットンを使うと悪化する可能性があるので控えたほうが良いです。

POINT3. 化粧水は使いすぎずケチらずに、適切な量を

たくさんつけるほうが肌に良いと思い込んでビシャビシャになるまでつけてしまったり、とろみのある使用感に抵抗があって少ししかつけなかったり、高い化粧水だからケチったり、というのはありがち。使用方法に適量と書かれていても、慣れないと使用量の加減は難しく感じるもの。

多すぎても少なすぎても良くないので、鏡の前でつけ残しがないか、逆に水気が残りすぎていないかチェックしながら使用量の調節をするのがおすすめです。

Message character
少し面倒ですが、化粧水を二回に分けてつけると成分の浸透が早くなり効果的。

POINT4. 化粧水の口を手の平につけない

上のセクションでも少し触れましたが、手で化粧水をつける場合、取り出し口を手の平につけると雑菌が化粧水のボトルなどに入ってしまう可能性があります。化粧水を出す時は手の平から離すようにしましょう。

POINT5. できる限り美容液や乳液・クリームと一緒に使う

何度も言いますが、化粧水の役割はあくまで水分補給。保湿成分が豊富に配合されたメンズ化粧水も多くありますが、一方で美容液や乳液を使用することを前提に、本当に水分を補給するだけの化粧水もあります。

水分を肌に与えるだけでは蒸発してしまうだけなので、大人の男性で肌の悩みやエイジングケア目的でスキンケアを行うのであれば、基本的には美容液や乳液をセットにして使うことをおすすめします。

+α. 化粧水がなじまない場合にはオススメ、洗顔前の蒸しタオル

肌が乾燥しすぎていたり洗顔で落としきれなかった古い角質などが残っていると、それが原因で化粧水を手順通りにつけてもしっとりとした感覚がなく、成分も浸透していない場合があります。

そんな時には、洗顔前に蒸しタオルを使うのもGOOD。毛穴を広げて汚れを落としやすい状態にした後に洗顔することで、化粧水も吸収しやすい状態にしてくれます。

蒸しタオルのつくりかた

蒸しタオルは、眼精疲労の緩和、むくみを取ったりリラックスの効果もあるので、化粧水の浸透を目的にせずとも日々の疲れを解消する意味でもオススメ。

蒸しタオルは、濡れたタオルを硬めにしぼった後、電子レンジで加熱(500Wで1分ほど)で簡単に作ることができます。取り出しの際には火傷に注意。

4. おわりに

スキンケアはまだまだ馴染みがないといった男性も多いですが、せっかく成分や使い心地にこだわってメンズコスメを選んだのであれば、化粧水の正しい使いかたを実践して効果もしっかり期待したいところ。

少しでも効果が実感できれば、きっとスキンケアも継続できて肌の状態も改善していくはず。失敗しない化粧水の選びかた・使いかたを知って、将来の自分のために大人男性としての自分磨きを楽しんでみてください。

Hatenabookmark logomark

「スキンケア」に関する記事

「スキンケア」に関する記事をもっと見る

「化粧水」に関する記事

「化粧水」に関する記事をもっと見る