2017年02月09日更新

乾燥や敏感肌を考えた「Mマーク」から、米ぬか由来の有用成分を配合したボディケアアイテムが新登場

年齢とともにお風呂上がりに肌がかゆくなったり乾燥が気になりだしている男性は多いのではないでしょうか。

今回は、そんな男性に試して欲しい、「Mマークシリーズ」の米ぬか由来のボディケア商品をご紹介します。

じつは米ぬかには、健康・美容効果や、乾燥で悩む人に嬉しい保湿効果があるんです。

3848view

米ぬか成分は美容や保湿に効果アリ

日本人の主食であり、私たち日本人の生活には欠かす子のできない「米」。
玄米を精米して白米を作る時に出る米ぬかは、健康や美容に高い効果があることがわかっています。

そんな米ぬか由来の成分を取り入れたスキンケア商品は、現在では多くのブランドから発売されています。

石鹸や化粧品の製造・販売事業を展開している松山油脂株式会社から2016年12月1日に発売された、「Mマークシリーズ」の米ぬか由来のウォッシュ&ケア商品もその一つです。

「Mマークシリーズ」とは

「Mマークシリーズ」は、年齢や性別に関係なく、家族みんなで使用することができることをコンセプトにした肌に優しいスキンケアブランドです。

全てのウォッシュ&ケアアイテムが、乾燥による敏感肌に悩む方やお肌の弱い赤ちゃんにも安心して使用することができる、低刺激で無香料タイプになっているのが嬉しいポイントです。

今回は、そんな「Mマークシリーズ」に、米ぬか由来の保湿エッセンス・せっけん・ボディローションの3つの新製品が登場しました。

Mマークの米ぬか由来の商品ラインナップ

全てのアイテムは、お肌に負担となるパラベン・鉱物油・着色料・香料・シリコンといった成分を使用していないので、家族みんなで安心して毎日使用することができます。

米ぬかのあがり湯保湿エッセンス

湯桶に1杯分のお湯に混ぜて、入浴の最後に全身にかけて使用する保湿エッセンス。

クリームなどとは異なり、背中などの手が届きにくい場所の保湿ケアもできるので、風呂上がりの保湿ケアを手軽にできるのがポイントです。
角質層の奥深くまでしっかりと浸透して保湿する米ぬかエキスと、肌表面に膜を形成して、肌の乾燥を守る米ぬか油を配合しています。

お風呂上がり1分前の新習慣としておすすめです。

米ぬかせっけん

100時間かけて昔ながらの釜焚き製法で炊き上げた石けん素地に、きめ細かく弾力のある泡を作る米でんぷんと、肌に潤いを残す米ぬか油をプラスした石けんです。
顔だけでなく全身をしっとりと洗い上げることができ、洗浄後のツッパリ感も感じられないのが特徴です。

米ぬかボディローション

肌表面に保護膜を作り、水分の蒸発や乾燥を防ぎ、肌のダメージを軽減するボディローションです。

角質層に潤いを与える効果を持つ米ぬかエキス、天然のエモリエント成分ともいえる水分保持機能を補う効果のある米ぬか油・米ぬかロウを配合してるのが特徴です。

肌なじみが良く、滑らかな質感が特徴で、しっとりとした潤いを長時間持続させることができます。

まとめ

日本人になじみの深い米ぬか成分をたっぷりと配合したスキンケア商品は、とても魅力的ですね。

性別・年齢に関係なく、赤ちゃんから大人まで家族みんなで安心して使用することができる、「Mマークシリーズ」から発売されたウォッシュ&ケア商品を一度試してみてはいかがでしょうか。

「ボディローション・ミルク」に関する記事

「ボディローション・ミルク」に関する記事をもっと見る

「ボディケア」に関する記事

「ボディケア」に関する記事をもっと見る