2019年08月11日更新

男性の日焼け対策とおすすめコスメ、日焼け直後のケアと将来シミを残さないためのスキンケア

夏本番になりアウトドアやレジャーで日焼けをする男性も多いはず。紫外線対策は、日焼けしたくない人はもちろん綺麗に日焼けをしていきたい男性にも必須です。

日焼け直後の肌トラブルだけでなく、日焼けが原因で何年か経ってから出てくるシミやシワ・たるみにも注意。

今回は、日焼け直後の肌トラブルから将来老けた見た目にならないためのスキンケアまで、綺麗な日焼けのための紫外線対策とおすすめアイテムを紹介します。

4926view

1. 日焼けが肌に及ぼす悪影響

夏場に仕事やレジャー等で屋外にいると肌が真っ赤になってしまい肌がヒリヒリした経験がある男性は多いと思います。また、日焼けしすぎると将来シミになるといった話もよく耳にしませんか。それらの肌トラブルの原因は紫外線によるもの。

紫外線は、波長によって「紫外線A波(UV-A)」「紫外線B波(UV-B)」「紫外線C波(UV-C)」の3つに分類されます。その中で肌に影響を与えるのが紫外線A波とB波。

紫外線A波は「肌の奥深くに」影響を与え、紫外線B波は「肌表面」に影響を与えます。

シミ・シワ・たるみ(光老化)の原因になるのは紫外線A波(UVA)

紫外線A波 は、紫外線の中で1番波長が長く、部屋にいても窓ガラスなどを突き抜けて肌に影響を与えます。そのため、肌表面だけではなく肌の奥深くまで届いてジワジワと肌に悪影響を与えてしまいます。紫外線A波の量は特に 4~8月 に多くなりますが、冬場でも半分の量までしか弱まらないため、一年を通して紫外線A波の対策は必要といえます。

紫外線A波の影響は肌表面にすぐに出るのではなく、何年か経った後にシミやシワ・たるみといった 「光老化」 を引き起こします。肌表面に分かりやすい日焼けの症状が出ないため日焼け予防やケアを見落としがちですが、目に見えない紫外線A波は確実に肌を老化させていってしまうので注意。

光老化って何?

光老化とは、加齢による自然老化ではなく、紫外線などの太陽光線によって肌に引き起こされるシミやシワ・たるみといった老化現象のこと。浴びてきた太陽光線の総量が関係するといわれています。

日焼けで肌が真っ赤になってしまうのは紫外線B波(UVB)のせい

紫外線B波(UVB) の波長は紫外線A波より短く地上に到達する量は少ないですが、エネルギーが強く肌の表面に影響を与えます。肌が真っ赤になる日焼け(サンバーン)は、紫外線B波の影響といえます。紫外線B波が最も多く降り注ぐのは 6~8月 で、冬場になると5分の1くらいまで弱まります。

肌が真っ赤になるような日焼けは日焼け止めなどである程度防ぐことができますが、紫外線B波も、肌を褐色にする日焼け(サンタン)だけでなく、シミやソバカスの原因になることも。

肌に悪影響を及ぼす2つの紫外線は肌トラブルの症状にも違いがあるため、必要な日焼け後のケアも変わってきます。

今回は、紫外線B波(UVB)対策としての「日焼け直後のケア」と、紫外線A波(UVA)対策としての「シミやシワにならないためのケア」を分けて紹介していきます。

2. 日焼け直後のケア

普段から炎天下でスポーツをしたり外での仕事が多い男性ほど日焼け対策をしっかり行っているといった調査結果もありますが、一方で真夏のレジャーやアクティビティ、スキーやスノーボードに行った時だけ日焼けをするような男性は紫外線対策を全くしないという話も多く耳にします。

気づいた時には肌が真っ赤に炎症を起こしてしまっている場合には、必ず「日焼け直後のケア」をおこなうようにしましょう。日焼け直後の肌は肌が火傷をしている状態と同じになるので、酷くなると水ぶくれ状態になってしまう場合もあります。しかし、日焼け直後に適切にケアをすることで、肌の炎症を抑えたり、肌の汚れやシミやソバカスを軽減することができます。

日焼け直後のケアはまず冷やす

肌が真っ赤になる症状(サンバーン)は火傷と同じなので、まずは日焼けした皮膚を冷やすのが大事です。日焼けによって真っ赤でヒリヒリする部分は「濡らしたタオル・氷水を袋に入れた物・保冷剤」などで冷やしましょう。

水ぶくれができた場合も冷やすのが有効ですが、処置方法としては水ぶくれが破れない程度の流水で繰り返し冷やすのが良いでしょう。痛みや水ぶくれの範囲が広範囲に広がっている場合は、皮膚科の受診をおすすめします。

冷やした後は「化粧水&乳液」を使おう

日焼け直後に水風呂やシャワーで冷やすというのは男性も割と実践していることと思いますが、冷やした後のケアも大切です。

日焼け後の肌は、通常の肌より乾燥状態になるので、たっぷりの化粧水と保湿効果が高い乳液を使用すると良いでしょう。普段使用している化粧水や乳液があればそれを使用しても良いですが、日焼け後の肌は敏感になっているので刺激が少ない敏感肌用の化粧水や乳液をおすすめします。

炎症を抑える効果や紫外線ダメージを修復する効果のある成分「アロエエキス」が配合されているローション、油分を含んだワセリンなどもおすすめです。

3. 日焼け直後の肌におすすめのスキンケアアイテム5選

日焼けした肌に効果が高い成分が配合されているスキンケアアイテムをいくつか紹介します。

アロヴィヴィ アロエとろとろローション

商品情報
アロヴィヴィ アロエとろとろローション
アロヴィヴィ アロエとろとろローション
アロヴィヴィ アロエとろとろローション
Amazon
特徴的な成分
日焼けケアに効果のある成分:キダチアロエ葉エキス、アロエベラ葉エキス

水、グリセリン、BG、キダチアロエ葉エキス、アロエベラ葉エキス、スイゼンジノリ多糖体、水溶性プロテオグリカン、ローズマリー葉エキス、クズ根エキス、レモン果実エキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、スギナエキス、クロレラエキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリチルリチン酸2K、ティーツリー葉油、キサンタンガム、ヒドロキシエチルセルロース、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール

ALOVIVI(アロヴィヴィ)から販売されている "アロエとろとろローション " は、弱酸性・無着色の化粧水。

天然保湿成分のキダチアロエとアロエベラが肌の炎症を抑えて肌を保湿してくれます。名前の通りとろみのあるテクスチャは肌に塗った時に少しペタペタとした使用感がありますが、浸透させることでしっとりサラサラに変化していきます。

特に日焼け後の乾燥した肌におすすめのローションです。

アロエは日焼けに効果があるというので購入しました。塗ると痛みもすぐに消え、綺麗に皮も剥けました。

アトピー肌でしたが、この商品を使ったことで痒みがなくなり肌もツルツルになりました。

少しとろみが気になりますが、付けた後はさっぱりした使い心地になります。

コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル

商品情報
コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル
コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル
コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル
Amazon
特徴的な成分
日焼けケアに効果のある成分:アロエベラ液汁

水、変性アルコール、アロエベラ液汁、カルボマー、TEA、メントール、青1、黄4

"コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル" は、大正製薬の日焼けケア用品 コパトーンシリーズ の中でも人気のアイテム。

コパトーン アフターサンオイルフリージェルに配合されているアロエエキスが肌に潤いを与え肌荒れを防止してくれます。メントールも配合されているのでヒヤッとした使用感で肌をクールダウンさせてくれる効果も。

オイルフリー&無香料なので、ベタつきや香りが苦手な男性でも違和感なく使用することができるのでおすすめです。


海やプール、サーフィンなどで日焼けした時には必ず使用しています。ベタツキもなくサラッとした使い心地なので家族で使用しています。

日焼け後のヒリヒリした肌に塗ると、ヒヤッとして火照りも痛みもなくなります。

ジェルにしては、少し水っぽさを感じました。

明色化粧品 カラミンローション

商品情報
明色化粧品 カラミンローション
明色化粧品 カラミンローション
明色化粧品 カラミンローション
Amazon
特徴的な成分
日焼けケアに効果のある成分:カラミン、アロエエキス-1、桃葉エキス

カラミン、シメン-5-オール、アロエエキス-1、桃葉エキス、d-カンフル、クロルヒドロキシAl、BG、ゲラニオール変性アルコール、無水エタノール、無水ケイ酸、パラベン

明色化粧品から販売されている "カラミンローション" は、子供も安心して使える低刺激の薬用ローション。

アロエエキスやモモの葉エキスなどの天然由来成分が、日焼けした肌の炎症を抑え、鎮静効果の高いカラミンパウダーが火照った肌を静めてくれます。

コンパクトサイズなので日焼けをしてしまいそうな外出時に携帯してサッと使うことができます。

日焼けをする仕事をしているので、いつもこの商品を常備しています。ヒリヒリした時に使うと効果がすぐにでてくれます。

子供にも使えるので、子供とプールに行った後は子供と一緒に塗っています。刺激がないので安心して使えます。

少し水っぽいので使う時に手から零れる時があります。

ヴァセリン インテンシブケア アドバンスドリペア ボディローション 無香性

商品情報
ヴァセリン インテンシブケア アドバンスドリペア ボディローション 無香性
ヴァセリン インテンシブケア アドバンスドリペア ボディローション 無香性
ヴァセリン インテンシブケア アドバンスドリペア ボディローション 無香性
Amazon

"ヴァセリン インテンシブケア アドバンスドリペア ボディローション" は、世界中で愛されるVaseline(ヴァセリン)のミルクタイプのローション。油分があるので日焼け直後の肌の水分補給の後、保湿で使うのがおすすめです。

皮膚科でも推奨されるほどの保湿力を持つ天然保湿オイルの極小ワセリンジェリーが肌の奥まで浸透し、長時間潤いをキープしてくれます。

"ヴァセリン ペトロリュームジェリー" も良いですが、こちらのローションタイプは大容量ポンプ式なので男性も全身に使いやすいはず。低刺激・無香料なので、敏感肌や香りが強いものが苦手な男性の乾燥シーズンの保湿乳液としてもおすすめです。

ひどい乾燥肌ですが、塗ったあと肌がかなりしっとりします。でもベタ付く感じではありません。

大容量でポンプ式なので手軽に全身に使うことができ、保湿力も満足です。肌も弱いですがこれは荒れないので良いです。

保湿力は高いがベタつくので暑い日は重い。

TrueLism アフターケア ボディークリーム

商品情報
TrueLism アフターケア ボディークリーム
TrueLism アフターケア ボディークリーム
TrueLism アフターケア ボディークリーム

1,480円(税込)

楽天市場
特徴的な成分
ヒアルロン酸

"TrueLism アフターケア ボディークリーム"は、日焼けサロン業界大手の『イリオス・ブラッキー』が販売するボディクリーム。

日焼け後の肌の乾燥やシミケアに効く成分として、ヒアルロン酸やアミノ酸8種類を配合しています。アミノ酸の保湿作用や制菌作用、ヒアルロン酸の水分保持作用で、たっぷりの水分とたっぷりの保湿で日焼けした肌を整えてくれます。

保湿効果が高くこれを塗ると肌に潤いがでます。クリーム状なので伸びが良く香りも上質な香りで満足しています。

日焼け後の肌の赤みを抑えてくれます。

ニオイがトイレの芳香剤のようなニオイがします。

4. 将来のシミ・シワ・たるみを防ぐ日焼け後のスキンケア

若い頃の日焼けが原因で引き起こされる 「光老化」 によって、20代後半や30代くらいの年齢からシミ・シワ・たるみに悩まされることも。

日焼けの影響でシミ・シワ・たるみが起きる仕組み

ちょっと日に焼けたかなといった時に顔に感じる違和感(かゆみや軽いヒリヒリ感)は、紫外線A波の悪影響で肌のバリア機能が低下して肌が乾燥状態になっているサイン。日焼け後に肌が真っ赤になったりしなくても紫外線A波の影響は必ず肌に悪影響を及ぼしています。

肌のバリア機能が低下すると細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)が滞り、メラニン色素が蓄積されシミとなって肌にあらわれてしまいます。さらに、紫外線A波は肌の奥まで浸透してしまうため、肌にハリや弾力を支えるコラーゲンを分解し減少させ、シワやたるみも引き起こします。

現在シミやシワが無かったとしても、日焼け後のスキンケアを怠ると将来シミやシワができてしまう可能性は充分にあるので、数年後の光老化を防ぐためにも、紫外線対策&日焼け後のスキンケアは必須です。

シミ・シワ・たるみに効果のある成分は?

日焼けによるシミやシワをつくらないためのスキンケアしては、やはり肌への水分補給と保湿が一番ですが、プラスαとして シミやシワに効果のある成分 が配合されているコスメを使うのもおすすめ。

シミやシワに効果が期待できる成分というのは、いわゆるエイジングケア成分とも呼ばれます。将来心配なシミやシワ対策には保湿効果と併せてこれらの成分を意識してスキンケアアイテムを選ぶと良いでしょう。

最近ではエイジングケアを意識した大人の男性向けのメンズコスメも多く発売されているので、日焼け後のスキンケアとしてだけでなく、自分の年齢や肌の不安に合わせて試してみるのがおすすめです。

エイジングケアに有効な成分

エイジングケアで大事な成分は、主に「水分を保持する成分」「保湿成分」「抗酸化成分」 の3つ。水分を保持する成分や保湿成分は乾燥によって引き起こされる肌トラブルを防ぎ、抗酸化成分は老化の原因となる活性酸素を除去する機能があります。


●ビタミンC誘導体(抗酸化成分)
●ビタミンE誘導体(細胞の衰えを予防)
●コラーゲン(保湿・肌の新陳代謝を活発にする)
●ヒアルロン酸(肌に水分をキープする)
●セラミド(肌に水分をキープする)
●フラーレン(ビタミンCの125倍の抗酸化力を持つ成分、光老化を防ぐ)

4. 日焼けの影響を後に残さない、おすすめのメンズコスメ

商品情報
TENBUDO ザ メンズ クリーム(旧:レジーナローカスメン トータルリバイタライジングクリーム)
TENBUDO ザ メンズ クリーム(旧:レジーナローカスメン トータルリバイタライジングクリーム)
TENBUDO ザ メンズ クリーム(旧:レジーナローカスメン トータルリバイタライジングクリーム)
Amazon
特徴的な成分
エイジングケア成分
:高浸透型フラーレン(リポフラーレン)、APPS(新型ビタミンC誘導体)、ヒト幹細胞培養液

※2019.05.03 ブランド名が「TENBUDO」へと変更されています。

『TENBUDO (旧REGINA LOCUS MEN)』から販売されている "ザ メンズ クリーム(旧:トータルリバイタライジングクリーム)" は、エイジングケア成分を豊富に配合したクリームで、乾燥だけでなく、乾燥によるシミ・シワ・たるみといった肌トラブルにも高い効果が期待できます。

紫外線が肌に降り注いだことで肌に活性酸素が発生し蓄積することで、上記のような肌トラブルは起こります。"ザ メンズ クリーム"は、活性酸素を除去し光老化をケアする成分「フラーレン」が、紫外線によって受ける肌トラブルを防いでくれます。活性酸素を除去しコラーゲンの産生低下も予防できるので、肌にハリや弾力を取り戻す手助けをしてくれます。

特に、優れたエイジングケア効果を持つ高浸透型フラーレン(リポフラーレン)を高濃度2.0%配合しているメンズコスメは珍しく、リポフラーレンを有用濃度(1%)以上配合した化粧品に認められるLF認証マークも取得しています。

さっぱりしたクリームだったので保湿力が足らないのでは?と少し不安でしたが、朝までしっとりした肌だったので安心しました。

隔日の使用ですが、皮膚の再生を促している感じで古い角質が剥がれている気がします。

容器が少し使いづらいです。

エイジングケアコスメのおすすめ商品は以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

5. 日焼け予防にはメンズ向け日焼け止めもおすすめ

日焼けの影響を後に残さないためには、綺麗に日焼けができるよう、紫外線対策グッズを取り入れて無駄な日焼けしないようにすることも大切。

帽子や日傘・サングラスといったアイテムだけでなく、肌にはメンズ向けの日焼け止めスプレーやジェルも使うと安心です。特にメンズ向けの日焼け止めは男性が気になる使い心地の悪さを改善したものも多いのでおすすめです。

おすすめのメンズ日焼け止めは別の記事でも紹介しているので参考にしてみてください。

6. おわりに

今回は、「日焼け直後のスキンケア」と「将来のための日焼け後のスキンケア」の2つに分けて日焼け対策を紹介しました。

日焼けで肌トラブルやシミ・シワをつくりたくない男性だけでなく、綺麗に日焼けしたい男性も、正しい日焼け対策やケア方法を知っておくのが大切です。

日焼けアイテムを上手に取り入れてその時々に適切なケアをしていきましょう。

この記事に関連するキーワード

「ボディケア」に関する記事

「ボディケア」に関する記事をもっと見る

「日焼け止め」に関する記事

「日焼け止め」に関する記事をもっと見る